お気軽海外旅行をしよう☆中国の穴場名所

東南アジアや中国の南部に旅するときには、棚田の景色を見てみましょう。

お気軽海外旅行をしよう☆中国の穴場名所

中国南部の棚田の景色

東南アジアの国々では、お米を主食としている地域もたくさんあります。
海外旅行に出かける機会が多い人であれば、東南アジアのさまざまな国に行ったことがあるかもしれません。
タイやカンボジア、またフィリピンといった国では、それぞれの風土や人々の様子を伺うことができるでしょう。
東南アジアの人々は、韓国や日本の人々とは少し違うように感じることでしょう。
それは、紫外線が強い場所で生活しているので、肌の色が小麦色の人が多いという点で違いを感じるかもしれません。
しかし、フィリピンなどの東南アジアの国々では、英語を話すことができる人も多いので、タガログ語を話すことができなくても海外旅行を楽しむことができるでしょう。
海外旅行でベトナムを訪れる機会があれば、そのついでに、中国の南西部に位置している雲南省にも旅行に行ってみてはいかがでしょうか。
雲南省は緑や花があふれる住みよいところとして知られています。
雲南省の南東部には、紅河州という場所があります。
この紅河州には、少数民族のハニ民族が数多く生活していることで知られています。
ハニ族は、山間部でお米の栽培をしていることで有名です。
このハニ族の生活している紅河州で特に有名な景色が棚田です。
棚田は、山間部の斜面を利用して稲作を行っている景色のことです。
階段のステップのように斜面を利用してお米を栽培しているこの棚田の景色は、朝日を浴びた時にとても美しい光景となっています。
ぜひ行ってみて下さい。