お気軽海外旅行をしよう☆中国の穴場名所

中国語を勉強している人であっても、旅行先で標準語とは違う方言に接することがあるかもしれません。

お気軽海外旅行をしよう☆中国の穴場名所

海外旅行で耳にする方言

海外旅行をするときには、言語が通じるかどうか不安になることもあるかもしれません。
例えば、英語を勉強している人でも、本場の英語に接してショックを受けることもあるようです。
現地の人は、外国人には聞き取れないような早口で話してきたり、特徴のある現地の方言で話すこともあるからです。
しかし、そのような事柄も、海外旅行に行ってから初めて経験できることなので、良い思い出になることでしょう。
最近は中国語の習得に励んでいる人も多いということですが、北京語を学習している人であれば、まず北京や上海などの、標準語が話されている地域に旅行に行ってみられると良いでしょう。
標準語であれば、ある程度の単語は聞き取れると感じるかもしれません。
しかし、中国も広いので、さまざまな場所でさまざまな方言が使われていて、中国人であっても聞き取れないような方言もあるようです。
例えば、中国の雲南省に行ったとすると、少数民族の言葉を耳にすることがあるかもしれません。
少数民族は独自の習慣を持っていて、言語も中国語とは思えないような単語があったりするようなので、その民族しか理解できないようなフレーズもあるそうです。
また、雲南省の州都である昆明市に住んでいる人も、昆明の方言を使って話してくることがあるかもしれません。
昆明の人々も、地元の人との間では方言を使うことが多いようです。
昆明市の中心部には、百貨店や民族のおみやげ品、またベトナムやタイのお菓子などが販売されています。

おすすめ情報